人見知りの克服法

苦手意識が抜けないと大変なエネルギーを消耗します。

せっかくの貴重な出会いを無駄にしないために皆様にも

そんな自分を変えるために実践した5つのことをお伝えしていきます!

 

SNSでは出会いがないと嘆く老若男女の声が飛び交っています。

マッチングアプリや街コンなど出会いを作るチャンスも増えましたが

コロナウイルスの影響で出会いのチャンスが少なくなってしまっているのではないでしょうか?

私はずっと人見知りで、それがバレないようにクールなキャラクターを演じて生きてきました。

そんな私も今は人と仲良くなるのがむしろ得意になり人生がHAPPYになりました。

自分を変えるために実践した5つのことをお伝えしていきます!

1~3は基礎中の基礎編、4,5はもっと第一印象で爪あとを残せるような応用編です。

 

 基礎編

 

①清潔感のある見た目

これはお金をかけてお洒落を!ということではなく

「寝癖を整える」「ひげを剃る」「歯磨きをしっかりする」「しわや汚れのない服を着る」「つめの手入れ」「体臭を気にする」

など普段の生活を少し意識することで改善できる単純なところです。

面白い会話をしても全ての好印象を打ち消してしまうのが「不潔」です。

 

 

例えば家探しをしていて

お手洗いが不清潔な物件と清潔な物件があったとして

その他の条件が同じなら絶対に清潔な方を選びませんか?

 

見た目が全てではないですが、少し意識するだけで自分に自信が持てるようになりますよ!

 

②相手の目を見て届く声で会話をする

自信がなくもじもじ話してしまうと(聞こえない…)(名前聞こえなかった…)となっても

初対面同士、聞き返せず名前すら分からないまま会話が進行してしまうなんてことも。

これでは(今後はないな)と思われてしまっても仕方がありません。

相手の目を見るのが難しい方は眉毛を見るとか少し視線をずらしてみるなどの工夫を。

どうしても苦手だ…という方は【挨拶】【自己紹介】の時だけでも

頑張ってみてください。こちらは定型分を作り完璧に言えるように練習しましょう。

 

③マナーを大事に

営業なら名刺の渡し方、お食事の場ならテーブル作法、行く場所によって様々なマナーがあると思います。

気にしない方もたくさん居ると思いますが、気にする方を逃してしまいます。

常に全てを網羅するのは難しいと思いますので

TPOに合わせてネットで調べて基本のみを頭に入れてから挑みましょう。

過去何枚も名刺を配っていますが、名刺交換がありそうな場に行く前は予習してから行きますww

調べること自体が自信に繋がったりするのでオススメです。

 

 応用編

 

④会話が苦手ならトークバラエティーを見るべし

トークバラエティにおけるMCは話題を引き出し、聞き手になり、違和感なく別の話題に移る

という完璧な流れを作るので、本当に勉強になります。

会話はキャッチボールというように

ボールをたくさん投げてもキャッチできない的外れな球を多数投げても

相手を不快にさせてしまう原因になってしまいます。

接客業を始めるも人見知りのためなかなか成果が出なかった私は

「アメトーーク」に大変お世話になりました。

特に「徹子の部屋芸人」と「中学生の頃イケてなかった芸人」のDVDを

買ったほうが早いのでは?!というほどレンタルして繰り返し見ていました。

 

するととあるときに「ここ進○ゼミでやったところだ!」が本当に起きます。

会話の間合いやテンポを自然に身につけるなら「話し上手な人の真似をする」のが一番の近道です。

現在はYoutubeなども充実しているので自分に合うトーク上手な方を探して

ひたすら聞くことをオススメします。

(改めて調べてみたら3巻と6巻のDVDでしたので載せておきますw)

 

⑤持ちネタを仕込む

一見ハードルが高そうに見えますが持ちネタと言っても一発ギャグとかではないのでご安心を。

例えば自己紹介時にただ名前を言うだけではなく

自己紹介カードなどに良く書いてあるような内容は割りと受け入れやすいので

自身の趣味などを織り込んで紹介してみましょう。特に言うことがなければ

「お水よりお酒が大好き水野です」「高い志と書いて高志です」でも良いと思います。

(恥ずかしいって思ってしまいますが実際にこんな感じの挨拶をずっと使ってました)

頭の中で漢字を連想させたり、物と関連つけられると忘れられにくくなりますよ。

 

【オマケ】連絡先やSNSの交換で話題を膨らませる

最近は出会った方と連絡先やSNSを交換することが多いですよね。

そんな連絡先の交換ですら印象に残しましょう!持ちネタとして持って来いですよ。


自分の連絡先やSNSや名刺を指輪に出来るQRリングは

QRリングのCONNECTで☆

 

おすすめの記事